MIRAI HOMEはおかげさまで30周年を迎えました。

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) とは

高性能な断熱材とサッシで断熱性能を高め、健康的で快適な暮らしが実現する住まい。この住まいにエネルギーを創り出す太陽光発電システムを設置し、家のエネルギー収支をゼロ以下にするのがZEHです。

目次

ZEHとは

ZEH (ゼッチ) とは、Net Zero Energy House (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) の略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げつつ、太陽光発電等でエネルギーをつくることで、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことです。経済産業省が主導して作成された基準で、2030年までに新築住宅の6割でZEHの実現を目指しています。

ZEHの条件

ZEHは、主に3つの条件を守る必要があります。

壁、窓等を高断熱化

高断熱な壁、床、屋根、窓は住宅の室内と室外の熱の移動が少なくなり、住宅内の室温を一定に保ちやすくなります。その結果、冷暖房に使用するエネルギーが少なくて済みます。

高効率設備で省エネ

省エネ性能の高い空調、換気、給湯、照明設備を導入することでエネルギー消費量を大きく削減します。

太陽光発電で創エネ

屋根に太陽光発電を設置すると、創り出したエネルギーを日常生活に利用することで、年間のエネルギー収支をゼロにすることが可能です。また、太陽光発電は、もしもの災害時に必要な電力の確保にも役立ち、蓄電池を設置することで、より効率良くエネルギーを消費できます。

ZEHの補助金

ZEHを日本全国に普及させる活動の1つとして、ZEHを建てる人は補助金がもらえるという制度があります。
しかし、補助金をもらう際は、以下の注意点があります。

STEP
補助金の対象となる工務店やハウスメーカーを利用

補助金を受けるためには、補助金の対象となる工務店やハウスメーカーを利用する必要があります。
ZEHの認定を受けた家を建てられる工務店やハウスメーカーは、ZEHビルダーやZEHプランナーと呼ばれ、ホームページにZEHのロゴが記載されていることが多いです。

ZEHビルダーロゴ

MIRAI HOMEは、は、ZEHビルダーに登録しています。ZEHビルダーとは、「国から認定を受けて正式にZEHの家を建てることができるハウスメーカー」です。お客様の快適性と環境へのやさしさを追求したZEH (ネット・セロ・エネルギー・ハウス) の普及をお約束します。

STEP
補助金制度の種類

ZEHには、2種類の補助金制度があります。しかし、補助金制度にはいくつか種類があり、それぞれで補助金の金額や採択方式が異なります。

ZEH支援事業

申請対象者新築住宅を建築・販売する個人
新築住宅の販売者となる法人
対象住宅ZEH・Nearly ZEH・ZEH Oriiented
補助額55万円/戸+α

ZEH補助金の条件の一つとして、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の導入が必要ですが、これには専用の分電盤と合わせた追加工事が必要で、約15万円の工事費がかかります。太陽光発電パネルを設置しない場合、HEMS導入のメリットは小さくなるため、ZEH OrientedでのZEH補助金利用はあまりお勧めできません。

ZEH+支援事業

申請対象者新築住宅を建築・販売する個人
新築住宅の販売者となる法人
対象住宅ZEH+・Nearly ZEH+
補助額100万円/戸+α

ZEHよりもエネルギー消費量を抑えた住宅をZEH+と言います。ZEH+は、ZEHよりも補助金が多くもらえます。*ZEH OrientedはZEH+対象外です。必ず太陽光発電が必要になります。

STEP
補助金の申請

ZEHの補助金は、申請するとその後の間取りや設備の変更ができません。そのため、申請する前に入念な確認をする必要があります。
ZEHを建てる際は、事前に間取りや設備をしっかりと検討する必要があります。

ZEHの種類

ZEHは、満たすべき基準によって3つの種類に分けられます。

ZEH・ZEH+

ZEHは、年間消費エネルギー量をおおむね100%以上削減できる住宅のことです。断熱・強化外皮と一次エネルギー消費量が基準となっています。


断熱基準
UA
青森県 (旧碇ヶ関村を除く):0.5W/m2K相当以下
平川市 (旧碇ヶ関村のみ):0.4W/m2K相当以下
一次エネルギー消費量 (創エネを含まず)省エネ基準から20%削減
一次エネルギー消費量 (創エネを含まむ)省エネ基準からおおむね100%削減

ZEHの上位モデルであるZEH+は創エネを含まない一次エネルギー消費量を25%削減するのに加え、以下の項目を2以上クリアする必要があります。

外皮性能の更なる強化

UA値[W/㎡ K]が地域区分ごとに次の値以下であること。

地域区分平川市 (旧碇ヶ関村のみ)青森県全体 (旧碇ヶ関村を除く)
UA値[W/㎡ K]0.300.40
高度エネルギーマネジメント

HEMS により、太陽光発電設備等の発電量等を把握した上で、住宅内の暖冷房、給湯設備等を制御可能であること。

電気自動車を活用した自家消費の拡大措置

太陽光発電設備により発電した電力を電気自動車等に充電、または電気自動車と住宅間で電力を充放電することを可能とする設備を設置し、車庫等において使用可能としていること。

Nearly ZEH・Nearly ZEH+

Nearly ZEHとは、太陽光発電装置を十分に設置することが困難なケースを考慮し、創エネの基準がZEHよりも低くなっているZEHとZEH Orientedの中間に位置するモデルのことです。Nearly ZEHの基準は以下の通りです。

スクロールできます

断熱基準
UA
青森県 (旧碇ヶ関村を除く):0.5W/m2K相当以下
平川市 (旧碇ヶ関村のみ):0.4W/m2K相当以下
一次エネルギー消費量 (創エネを含まず)省エネ基準から20%削減
一次エネルギー消費量 (創エネを含まむ)省エネ基準から75%〜100%未満削減

Nearly ZEH+とは、Nearly ZEHの定義を満たし、省エネ基準から25%以上の一次エネルギー消費量削減の更なる省エネルギーを実現し、かつ以下の3要素のうち2要素以上を採用した住宅です。

  1. 外皮性能の更なる強化
  2. 高度エネルギーマネジメント
  3. 電気自動車を活用した自家消費の拡大措置
ZEH Oriented

ZEH Orientedとは、安全性や天候の問題などによりZEHの要件を満たすことが困難な地域を考慮し、創エネを必要要件としないモデルです。ZEHであれば、太陽光発電の導入が取得要件になりますが、ZEH Orientedであれば、太陽光による発電が難しいとされる多雪地域であっても取得可能です。しかし、MIRAI HOMEは、お客様に合わせてZEH Orientedも建てますが、将来の経済性と建物の資産価値上昇を考えて、太陽光発電付きのZEHを推奨します。

MIRAIHOME30周年ロゴ

一級建築士と原価でつくる家

未来環境開発有限会社

〒036-0311 青森県黒石市吉乃町88番地
TEL:0172-59-1234 FAX:0172-59-1900
営業時間:平日8:30~17:30

有限会社筧建築設計事務所

〒036-0311 青森県黒石市吉乃町88番地
TEL:0172-59-1800 FAX:0172-59-1900
営業時間:平日8:30~17:30

ZEHビルダーロゴ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次