MIRAI HOMEはおかげさまで30周年を迎えました。

災害・積雪に強い安全住宅– Sturdy Home –

青森では、雪と災害に対応する丈夫で長持ちする住宅が必要です。MIRAI HOMEでは、「いいものをつくり、きちんとメンテナンスして、長く大切に使う」にこだわっています。

目次

耐震最高等級3の家

耐震等級とは、「地震に対する構造躯体の損傷 (大規模な修復工事を要する程度の著しい損傷) の生じにくさ」を等級で表示したもので、数字が大きいほど耐震性に優れ、耐震等級3が最大です。

建築基準法で定められた稀に(数十年に一度程度)発生する地震力(想定する地震の揺れの強さは、東京を想定した場合、震度5強に相当)に対して損傷を生じない程度のものを耐震等級1としています。

MIRAI HOMEは、耐震等級3を標準仕様としており、高い耐震強度で住まいと家族を地震から守ります。

耐震等級の図
一般社団法人 住宅性能評価・表示協会「新築住宅の住宅性能表示制度かんたんガイド」

木造軸組工法+モノコック構造

MIRAI HOMEは、耐震等級3を標準仕様としており、木造軸組工法とモノコック構造を組み合わせたハイブリッド工法で住まいと家族を地震から守ります。

木造軸組工法

木造軸組工法とは

柱・梁など縦・横の軸と、筋交いという斜めの軸で構造を支える工法です。筋交いの入った部分以外なら窓を設けやすいので、開放的な設計ができ、間取りやリフォームの自由度が高いです

モノコック構造とは

壁・床・天井が一体化した箱形を構成する構造です。地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

木造軸組工法
木造軸組工法

2つの構造を組み合わせたハイブリッド構造

壁面で受けた力をバランスよく分散します。上下・左右全ての力に大きな耐力を確保します。

凍害に強い
寒冷地仕様の屋根・外壁

屋根材は次世代ガルバリウム鋼板エスジーエル

次世代ガルバリウム鋼板エスジーエル

MIRAI HOMEでは、雨や日射、積雪等の厳しい腐食環境でもガルバリウム鋼板を超える耐食性も実現するエスジーエル鋼板で施工しています。

亜鉛めっき中にアルミニウムを添加すると耐食性が向上する作用があります。
ただし、その含有率によって特性は大きく変動します。
エスジーエルに添加するマグネシウムは、めっきの耐食性を最大限に発揮できる含有率「2%」に調整されています。

切断端部や傷部など、地鉄が露出した部分は赤錆が発生しやすくなります。
しかし、エスジーエルは、こうした部分の腐食進行をマグネシウムにより強力に抑制します。
マグネシウムは亜鉛よりイオン化しやすい性質を持っており、犠牲防食作用を向上させ、地鉄露出部への亜鉛系保護皮膜の形成を促進する効果があります。

エスジーエルの詳細は下記よりPDFをダウンロードできます。

外壁材は凍害に強い寒冷地仕様

MIRAI HOMEでは主に2種類の積雪に強い外壁材を採用しております。どちらも優劣をつけがたい優れた素材で、お客様のお家の外観デザインに合わせて使い分けています。

親水コート

KMEWの親水コート

親水コートの表層は水になじみやすい親水基で覆われています。雨が降れば親水基が汚れとの間に雨水を入り込みやすくするために、壁に付着した汚れが浮き上がり、雨水と一緒に洗い流してくれます。

ニチハのマイクロガード

外壁に付着した汚れを雨水で繰り返し落とせる「セルフクリーニング効果」により、親水性を発揮します。間伐材・国産材の端材を利用しているため、二酸化炭素の放出を防止します。

マイクロガード

オプション

長期優良住宅の認定基準をクリア

長期優良住宅とは、「より性能の優れた住宅を建てて、手入れをしながら長く大切に使う」目的として建てられる住宅のことを言います。

この「長期」とは、30年というこれまでの日本住宅の耐用年数に対して、1世代を25~30年と考えて、3世代つまり約100年に渡って住み続けることを意味しています。

長期優良住宅は、大きく分けて下記における5つの措置を講じる必要があります。

  • 長期に使用するための構造及び設備を有していること。
  • 居住環境等への配慮を行っていること。
  • 一定面積上に住戸面積を有していること。
  • 維持保全の期間、方法を定めていること。
  • 自然災害への配慮を行っていること。

そして、一戸建て住宅の場合は細かく見ると9つの認定基準を満たす必要があります。

耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、倒壊・崩壊等のレベルの低減を図ること。

災害配慮

自然災害による被害の発生の防止又は軽減に配慮されたものであること。

劣化対策

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

省エネルギー性

必要な断熱性能、一次エネルギー消費量の低減が確保されていること。

維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い設備配管について、維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

バリアフリー性(共同住宅等)

将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

MIRAI HOMEでは、長期優良住宅の認定基準をクリアした住宅をお客様に提案できます。しかし、長期優良住宅の最大のメリットは、2023年度までは補助金を活用できることだったため、2024年度からは補助金がない場合、お客様からのご要望に合わせて対応します。

木造住宅の次世代技術 FG-Fシステム

FG-F法は「Future Generation = 将来の世代」を由来とします。
木造軸組工法に様々な「プラスα」を施した次世代技術により高い耐震性、耐久性を実現した工業化木造住宅FG工法の住まいがご家族の豊かな未来を育みます。

FG-F工法

ラーメン構造に対応できるハイブリッド工法

最大8mまでスパンを飛ばせ、開口部を大きくしたりデザインの自由度を広げられる工法です。

「高強度な構造材」×接合金物

通し柱の接合部には特殊な金物を使用し、木材の断面欠損を最小限に抑えた強い柱です。

高耐震性・耐久性を実現する基礎

建物と地震等の力を全面でバランス良く受け止める基礎を採用。住まいの耐震性と耐久性を支える重要な基礎を実現します。

水平方向の荷重に耐える剛床

1階床は105mmの大引と厚さ28mmの構造用合板、2階床は455mmピッチの床梁と厚さ15mmの構造用合板による骨太な構造で建物の変形を抑制。

国内観測史上、最速値の阪神淡路大震災同等の地震波にて強さを実証!!

FG-F工法の実験

故黒津研究開発法人防災科学技術研究所で、実際の地震を見据えて、本地震と余震を配慮し、連続で12回加震!!耐力壁を減らしての実験も行い最終段階では耐震等級1以下の状態で震度7の加震を実施しました。

その結果、構造躯体に大きな損傷は全く見られませんでした。住む人の命だけでなく、住宅の財産価値も守られ地震後にも住み続けられることが証明されました。

実大実験には、国内の観測史上最も速かった阪神・淡路大震災の地震波にて実大実験を行われました。
この地震波は「建築基準法における大地震の目安50カイン」の約3.4倍に相当する地震波です。
カインとは地震による揺れの強さを地震の速度振幅で表した単位です。
最近では地震の最大加速度(gal:ガル)の大きさよりも、最大速度 [kine:カイン] の大きさの方が建物の被害状況とよく一致することが知られています。最大加速度(gal)は、東日本大震災で2933gal[106kine]を計測するなど最大で818gal [169kine ]だった阪神・淡路大震災を上回っていますが、地震による被害は逆に阪神・淡路大震災の方が大きな被害がありました。
これは地震波の最大深度 [kine] が大きかった事と、木造家屋を倒壊させる揺れの周期1~2秒程度のキラーパルスと俗称される揺れに最も近かったからだといわれています。このためgalではなくkineに注目して実大実験を行われました。

東京都市大学工学部建築科 大橋 好光 教授
監修・分析
東京都市大学工学部建築科 大橋 好光 教授
阪神・淡路大震災の地震波

大型地震の揺れから生命と財産を守る 減震金物

ダブルブレーキ構造で300~800galの加速度を減震

減震ベース

大型地震の揺れを半分にまで減震する絶縁工法

阪神淡路大震災クラスの800galの大型地震を、300~400galにまで減震します。

摩擦減震ならではの安心

倒壊の危険をまねく偏芯、バラバラ共振が起こりません。また、偏った補強による住脚破壊などの心配もありません。

施工性が高い

設計変更、設備の変更も不要。役所への届出も施工も普通の基礎パッキンと同様に簡単で効果絶大です。

摩擦方程式から生まれた『減震金物』

ダブルブレーキ

ダブルブレーキ

地震の揺れで上下の凸部が乗り上げると、集中荷重により、大きな応力が発生して「歪摩擦」が生じます。 これと平坦部の「静止摩擦」がダブルブレーキとなって、減震効果が高まります。

地盤補強 スーパージオ工法

一般社団法人地盤対策協議会が発明した建物の重量と同等の土を取り除き、かわりにスーパージオ®材を敷き詰めて地盤を軽量化して、建物の支持力を確保する置換工法です。 ※地盤の強度によって取り除く量は変わります。
直下地盤の圧密沈下を軽減化します。また地震時に、SG内に間隙水を取入れ、水圧による噴砂を防ぎ、液状化時に安定化させる効果があります。

大切な家族のことを考えた 充実の保証

保証内容地盤保証液状化保証免震保証
保証期間10年10年10年
損害時の支払い最大3億円最大1億円最大1億円
免責:なし・保証期間は最長30年まで更新可能

スーパージオ施工物件に関する保証内容例

地盤が原因で

傾いた (一般的に傾斜角:5/1000以上から)
傾いて建物が壊れた
全体が沈下した (建物が傾かずに平均に20cm以上から)
スーパージオの施工不良が原因で建物が傾いた・破損した
スーパージオの製品不良が原因で建物が傾いた・破損した




沈下修正工事
傾いて配管が壊れた建物補償工事
沈下・傾きの原因調査費用
建物が等沈下した時 (等沈下が原因の住宅破損は補償対象)適応できません

震度5以上の地震・液状化により

建物が傾いた
建物全体が沈下した (等沈下は対象外)
沈下修正工事
外壁・内壁に亀裂
建物の配置がずれた
基礎に亀裂が入った
基礎の沈下で床の緩み
屋根等の破損 (漏水等)




建物補修工事
駐車場の土間に亀裂
堀に亀裂
門扉が壊れた
門扉が壊れ、外にいた人にけが・死亡させた


適用できません

ガレージ内部を洪水から守る止水シート

これからの家づくりでは、太陽光発電の室外機やエコキュートのヒートポンプ等、水に濡れて動かなくなる設備は最初から濡れない場所に設置することが重要になります。

簡易版止水シート

止めピタ01

止めピタ (シャッタータイプ) 

「⽌めピタ」は土のうの10倍の止水性能をもつ簡易型止水シートです。外部から押し寄せる⽔圧を建物の強度で⽀えるため、部品点数も少なく、軽量でコンパクトなパッケージを実現しました。*写真はフロントタイプです。

最大止水高さ : 5m シートの最大長さ : 15m

止めピタの特徴

止めピタ02

軽量・コンパクト

1収納袋あたりの重さは最⼩5kg〜最大20kg。  
開口幅約1.5mでは土のうが約30袋、約600kg分必要になりますから⽌めピタなら1人でもらくらくです。

使用後もお手入れ簡単。持ち運べる大きさに収納可能です。

止水性能 (開口幅5mのシャッターの場合)

水かさが増すと水圧で建物とシートが密着。漏水量200ℓ/(h・㎡)以下、土のうの約10倍以上の高い止水性能を発揮します。
※設置箇所の状況、設置環境、設置の仕方により止水性能は変わります。
※本製品は完全止水製品ではありません。
※本製品は、ゲリラ豪雨(都市型集中豪雨)による内水氾濫を想定した簡易的な止水製品です。台風等の強風時にはシートが外れたりする恐れがあります。

止めピタ03

非常用給水タンク「みずがめ君」

人間が生きていくためには、水は必要不可欠な存在です。災害等で断水した場合、最低3日分 (理想は1週間) が望ましいです。水は一人一日3Lが目安で考えて1.8Lのペットボトルを2本確保すると、4人家族なら2本×4人×3日分で24本になります。加えて、トイレや風呂等の生活水まで考えると、一人当たり7L×4人×3日分=84Lが必要で、ペットボトルにすると約47本分になります。

みずがめ君

「みずがめ君」は、水道管に直結する給水タンクで、家庭内の蛇口、トイレ等に水が流れます。

災害などで断水した場合は、タンクに水道水が確保されており、タンク内に空気を送ることで、蛇口からはもちろん、トイレでも水を流すことが可能です。

みずがめ君の特徴

①給水管の途中に設置するので、常に新鮮な水が入れ替わります。

タンク内部に旋回流がつくられ、水道水が滞留することなく、入れ替わる構造です。

②断水時は、タンク内を空気で加圧することにより、簡単に給水ができます。

女性や高齢者でも操作できる足踏み式ポンプまたは自転車の空気入れにより、家中の蛇口、洗面所、トイレ等の給水用具に給水できます。

③飲料水・生活用水として使用できます。

タンク1本で、約163Lの貯水ができ、必要に応じて2本まで増やす事が可能です。
2本セットで約326L確保でき、4人家族で1週間程度の飲料水と生活用水に使えます。

④メンテナンスフリーで、手間いらず。

タンクは、ステンレス製なので、腐食の心配もありません。また、水は常に入れかわり、滞留しないため、永年使用できます。

お問い合わせ・カタログ請求

MIRAI HOME

〒036-0311
青森県黒石市吉乃町88番地
TEL : 0172-59-1234
FAX : 0172-59-1900
営業時間 : 平日8:30~17:30

目次